ポートフォリオレビュー

 

恵比寿の「めぐたま食堂」で行われたポートフォリオレビューに参加してきた。

こちらのお店は5000冊ほどある写真集が自由に閲覧できるので恵比寿に来ると

たびたび訪れている。ポートフォリオレビューでは写真評論家の飯沢耕太郎さん

にブックをみてもらえるというかなり貴重な機会だ。気合が入る。

今回は参加者7名と見学の方が2名、中には関西から来たという方もいた。

私も含めて、わりと年齢層が高めだったので落ちついた雰囲気の中ではじまった。

朝の9時30分からなので久しぶりに学校で授業をうけているみたいで背筋がのびる。

 

1人ずつ順番に作品を広げて飯沢さんから質問を受けたり、アドバイスをもらう。

モノクロやトーンを抑えめにしたどこかミステリアスな作品の方が多かった。

他の人の講評中もタイトルのつけ方や、写真を並べる順番など参考になることを

必死にメモをとりまくった。(勉強になる〜!)と心の中で思う。

ある女性のとき、本人は選ばなかったけどたまたま予備として持ってきていた中に

とてもいい写真があって、これは入れるべきだよ!と飯沢さんが力強く言っていた。

なるほど、自分のセレクト外にいいものがあったりするんだ。

 

私は新しくまとめた家族の写真を持っていった。

長野にある実家を夏と冬に撮影したもので、働く両親の姿や町の風景などを

分厚くてレトロな表紙のアルバムにL版のプリントで100枚ほど貼った。

子供の時に親がつくってくれたような、実家感あふれるアルバムである。

20年ほどちまちまと撮っているので枚数はあるものの、どこまで私生活をいれるか、

見せ方などで迷っていた。ひととおりブックを見終わった飯沢さんからのアドバイスは

「現代美術寄りにしてみたら?」私「!!」自分では思いつかない発想におどろいた。

この素朴な写真を…?と同時に新しいイメージも広がった。や、やってみよう。

 

飯沢さんは「未完成のものにヒントになるようなアドバイスができたら」と

言っていたので作品をつくっている人は気軽な気持ちで参加してみたらいいと思う。

レビューをきっかけに作品の方向性がガラッと変わるかもしれない。