はじめての個展

 

六本木というと、なんとなく大人の街というイメージで近寄りがたい。

それまで数えるほどしか行ったことがなかったけれど、私にとって特別な

場所になったのは2014年の秋のことだった。

 

富士フイルム主催で新しくはじまった公募展「写真家たちの新しい物語」で、

夏の佐渡島を撮った作品を選んでいただき、東京ミッドタウンの中にある

富士フイルムフォトサロンで個展を開催させてもらえることになったのだ。

10年以上かけてコツコツと撮影していた写真がようやく見てもらえるという

おおきな喜びとともに、得体のしれないプレッシャーを勝手に感じていた。

初めての個展を六本木で、しかも第1回目が自分って…大丈夫だろうか?

小心者の私。めずらしく眠れない夜が続いた。

 

そんな弱気なことを言ってる間にも、DM制作や展示するプリントの色チェック、

会場で配るチラシ作り、やることは山積みで準備はどんどん進んでいく。

富士フイルムの担当の方、恵比寿にあるプロラボ TCKの方々、友人などに

助けられながら、さわやかな秋晴れの日、ついに初めての個展がはじまった。

 

いつも小さなファイルで見ていた写真が大きなサイズに引き伸ばされライトを

浴びてどこか誇らしげに並んでいるようで、胸がいっぱいになった。

ミッドタウンという場所のおかげもあり、会場にはたくさんの方が来てくれた。

自分の写真を知らない人たちが見てくれているという状況がなぜか恥ずかしくて、

会場にある小さな受付スペースに、できるだけ気配を消して身をひそめていた。

お昼時には近くのサラリーマンらしい集団が休憩のついでにのぞいてくれたり、

DMを置かせてもらったカフェの女の子、専門学校時代の友人、地元の長野から

家族や友人、仕事仲間や、佐渡に住む友人もわざわざ見に来てくれた。

 

写真を見て笑っていたり、つっこんでいる様子を陰からこっそり見守りながら

(こーゆう風に楽しんでもらいたくて私は写真を撮っているんだなぁ)とあらためて

思い、しみじみとうれしかった。佐渡の撮影をはじめた頃から、これまでの日々を

振りかえると、ありがとうと伝えたい人たちの顔が次々に浮かんだ。

 

長いようで短かった7日間。

最終日の閉場時間になると設営会社のプロの手によって展示してあった50枚ほど

の写真はあっという間に外され、何ごともなかったようにもとどおり入っていた箱に

ぴったりとおさまった。今までのは夢だったのかと思うほど、あまりに一瞬の出来事。

余韻にひたる間もなく荷物を両手に抱えて外にでて、ぼんやりと立ち尽くした。

終わったんだ…六本木の風に吹かれて、天高くそびえるミッドタウンを見上げた。

そして手伝ってくれた友人と姉と、シシリアでささやかな打ち上げをした。

 

写真展の準備から本番まで、楽しくも嵐のような怒涛の日々が過ぎて、

終わってホッとしたのか、そのあと高熱がでて2日間寝込んだのでした。

 

 

 富士フイルムフォトサロンHP   https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/