アジフライ

 

佐渡でおぼえた楽しみのひとつに「釣り」がある。

長野県で山に囲まれて育った私はそれまで釣りをしたことがなかった。

生まれて初めての釣り、しかもあこがれの海での釣りデビューだ!

 

隊長(友達のお父さん)のあとについてバケツや竿を持って近くの防波堤へ。

日本海らしい濃い紺色に広がるこの波の下にいろんな海の生き物がいて、

自分の知らないお魚たちの世界が存在しているのか…と想像しただけで

わくわくする。

 

釣りといえば、静かに糸をたらして大自然と対峙しながらぼーっと物思いに

ふけったりしつつ魚がかかるのをひたすら待つ。そんなイメージだったけど、

実際は投げるとすぐに海の中の何者かにひっぱられて(漂流物のときもある)

あたふたしながら、急いで指示どうりにリールを巻きあげる。

 

すると、銀色に光るピチピチした小ぶりなアジが2〜3匹くっついている。

隊長に報告して針から魚を外してもらい、再びエサをつけてもらったら

また勢いよく海にむかって投げる。至れり尽くせりで、もはや釣りしてる

といえるのかは疑問だけど、自分的にはこのアクティビティに大満足。

 

その日の晩ご飯には、とれたてのアジがフライになって食卓に登場する。

魚が苦手だったけど、こんなにおいしいものだったなんて!と感激した。

隊長いわく、イカ釣りがこれまたおもしろいらしい。蛍光色のカラフルな

疑似餌をみせてもらったり、釣りの話をきくのも楽しい。

もっとぐいぐいくる大きな魚も釣ってみたい。釣り初心者の夢は広がる。