浅草マンボ

 

写真の専門学校にはいって最初にでた課題がたしか「三社祭」だった。

毎年5月に浅草で3日間かけて行われる、それは有名なお祭りだ。

 

50ミリのレンズ一本で全体の風景、御神輿を担いでいる人の上半身

のポートレート、お祭りらしさを撮影する、そんな内容だったと思う。

買って間もないNikon FM2にモノクロフィルムをつめて、いざ初めて

の三社祭へ。一緒に行ったクラスメイトたちとひととおり屋台を見て

まわってから別行動になり、それぞれ撮影を開始した。

ハッピを着ている犬、はしゃぐ子供たち、着物姿の渋くてかっこいい

おじいさん。思わず笑顔になるような場面にたくさん出会った。

さて、問題はポートレートだ。

 

単焦点のレンズはズームができないからアップで撮るにはかなり近くに

寄らないと撮れない。被写体には自らの足で近づくんだ!とのことらしい。

お祭りに慣れていない私は人の多さと熱気に圧倒されるばかりで、

御神輿に近づけない。これじゃあ、担いでいる人が豆つぶくらいだ。

なんで望遠レンズじゃダメなんだ…と先生をうらむ。 

結局この日、ポートレートはほとんど撮れなかった。

 

次の日も朝早くから浅草へ向かった。

今日こそ撮らなければ課題が提出できない、へっぴり腰で遠くから見物して

る場合じゃない!といやでも気合がはいる。

意を決してぐいぐいと人をかき分けて御神輿に近づくと、担いでいる人たち

のいきいきとした表情が目に入ってきた。かっこいいな〜!

見ているこちら側にも、興奮と楽しさが伝わってきて一体感がうまれる。

気がつくと人にもまれながらすごい至近距離で撮っていた。

 

それ以来、自分のなかに眠っていたお祭り魂に火がついたのか課題でも

ないのに三社祭に行き、夏の浅草サンバカーニバル、高円寺の阿波踊り、

下町の盆踊りにまで通うほど「お祭り」的なものにハマったのだった。