ハンコとコーヒー

 

わが家のポストにハンコ作家のヒルトネンさんから完成品が届いた!

ヒルトネンさんのハンコと出会ったのは新潟にあるホシノコーヒーさん。

(ホシノコーヒーさんのすばらしさは書ききれないのでまたの機会に)

何気なくカウンターに置いてあった作品集をめくったとたん、ひとめ惚れ。

どれも脱力してしまうような、ぷっと笑えるかわいさで大ファンになった。

お店で買ったカードはもったいなくて使えず、今も大切に手元にある。

 

その年に佐渡で開催されたハローブックスという本のイベントに出店した。

会場は山の中、雨が降ったりやんだりのお天気でまだ9月というのに肌寒い。

コーヒーをすすりつつテントでぼんやり店番していると、目の前にスッと

きれいな女子があらわれた。(なんで私の店に?!)はげしく動揺する。

しかも、手には「佐渡 しなしな 歩き」をお持ちではないですか!

お話しをきいたらこの写真集で佐渡に興味をもって、ご家族で来たのだそう。

イベントに私が出店してるのをたまたま見つけて、立ち寄ってくれたのだ。

自分の写真が佐渡を訪れるきっかけのひとつになれたことがとてもうれしかった。

そして、その方こそがあのヒルトネンさんだった!というサプライズに

寒さを忘れるほど舞い上がってしまった。人生 ときどき ミラクル おきる。

 

ふしぎなご縁がつながって、やっとお名前ハンコをお願いすることができた。

こんなイラストをいれてください、とざっくり伝えただけなのに出来上がりは

期待以上のかわいさで、眺めているとにやにやが止まらない。

これからも作ってもらったこのハンコに恥ずかしくないように写真に

精進してまいります、とあらためて思ったのでした。

 

ヒルトネンさんのハンコはこちらからどうぞ。

https://www.instagram.com/hanko_hiltunen/