an apple

 

SNSから距離をおくようになって、ぽっかりとした時間ができた。

何気なく見ていたけど、けっこうながい時間見ていたんだと気づく。

何をしようかなぁ。そうだ、英語を勉強しようと思い立った。

 

学生時代たしか英語は好きな科目だったはずだけど、どーゆうわけか

いまの自分の英語のレベルは限りなく0に近い。

英語の曲を聴いて涙がでるほど感動しているのに、歌詞の内容はまったく

わかっていない。海外旅行に行って、ほぼひと言も英語をしゃべらずに

(同行者まかせ)帰ってきたときはさすがに反省した。

 

少しでもわかるようになったら楽しいだろうなと、本屋さんに向かった。

他の言語にくらべ英語の本はたくさんあって、どれにしたらいいか迷う。

60才からはじめる英会話という本をみつけ、シニア向けなら簡単かも

しれないと手にとってパラパラと中を見ると「孫はかわいいねぇ」という

例文で、おっとこれはまだ早いと棚に戻す。

迷ったすえ、中学英語をやり直すという本をレジに持っていった。

 

家に帰って、やる気満々でページを開くと最初のテーマは名詞。

名詞、動詞、形容詞、冠詞?…まずはこの日本語の意味から調べること

になる。名詞には「a ・an・ the」をつける、か。

やたらと「a」がつくと思ってたけどそーゆうことだったのね。

へぇ〜なるほど〜、と満足してしまいそこから先に進まない。

 

こんな調子ではたして、英語を話せるようになる日はくるのか。

おばあちゃんになる頃にはきっと。maybe…。